HOME > 塗り壁の魅力:塗り壁について

塗り壁の魅力

塗り壁の魅力のカテゴリーを選んでください。

塗り壁について

他にはない「唯一無二の壁」

当社自慢の職人がひとつひとつに魂を込めながら塗りあげられる壁は他には無い唯一無二の存在です。
同じ材料でも天気、温度、湿度、コテの動き、乾燥の度合いでまったく別の表情になります。
クロスのように均一でどこを見ても同じ表情・パターンという壁ではありません。

手間と時間をかけ、職人の魂が吹き込まれた壁を通じてプラスアルファの価値をご提供いたします。

天然無機質100%の自然素材

左官の壁には、珪藻土・漆喰や火山灰を使用したものや炭を使ったものがあり壁自身が呼吸をするため、その吸放湿効果が注目されています。
湿度が適度に保たれるため、居心地のよい住環境を作り出します。

代表的な塗り壁材の漆喰は静電気を発生させない為、空気中の汚れを吸って黒ずんだり変色する事が少ない性質を持っています。
たとえ汚れても、アルカリ性のため汚れを徐々に分解する自己浄化作用があることも大きな特性です。

また、漆喰は耐久性においてとても優れています。
施工後、年月を経るにしたがい空気中の二酸化炭素と化学反応し徐々に硬化し石化していきます。
100年かけて主成分である石灰石にもどるといわれています。
つまり、時間と共に耐久性が増していく塗り壁材なのです。

ホルムアルデヒドを吸着・分解

多孔質素材の漆喰はシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドや
VOC揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)を吸着します。
空気中や漆喰に吸着したホルムアルデヒドは空気中の酸素と結合し、ギ酸→ギ酸カルシウムへと分解されていきます。

また、漆喰は空気中の二酸化炭素との化学反応で長い年月をかけて石灰石にもどっていきます。
その為、漆喰の主成分の水酸化カルシウムが石灰石にもどるまでの間(一般には100年ともいわれています)は、
ホルムアルデヒドを絶えず吸着・分解・固定化し、再放出しない効果が得られます。